鳥居くぐれば神話の世界がそこに広がる

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

日前神宮・國懸神宮

青葉の候 平素は当神宮にご参拝いただき深謝申し上げます。

暑気日ごとに加わり、梅雨の訪れを感じる季節となりました。

さて六月の旧名は「水無月」。本来は旧暦で梅雨が明け、水が枯れてなくなってしまうための名でありましたが、現在の新暦では梅雨真っ盛りとなってしまいました。

また、六月は衣替えの季節。境内では木々が春に芽生えた若葉から青葉へと衣替えし、紫陽花も咲き始めております。

雨の外出もまた風情あるものでございます。皆様の御参拝を心よりお待ちいたしております。

ごあいさつ