鳥居くぐれば神話の世界がそこに広がる

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

日前神宮・國懸神宮

立春の候 平素は当神宮にご参拝を賜り深謝申し上げます。

2月の和名は「如月(きさらぎ)」。一説には、寒さのために衣服を重ね着したことに因んで「着更着」と呼ばれるようになったようです。

まだまだ寒さ厳しき折ではございますが、神宮では節分行事や五穀豊穣を祈る祈年祭(としごいのまつり)など重要な祭事が行われる月でもあります。

皆様方のご健勝を祈念申し上げますと共に、皆様のご参拝をお待ちいたしております。

ごあいさつ